「だってだって」は聞き飽きた!どうして言い訳ばっかりするの?

育児雑誌mamagirlのwebマガジン「1日1成長おかあさん」のライターとして

定期的に記事を書かせていただいています(毎日更新:ライター5名)

 

こんにちは♪

西宮のキッズコーチングエキスパート、ますみんことむらたますみです。

 

 

失敗への対処は子どもによって違う。言い訳するのが悪いわけじゃない

 

ちょっとした失敗は誰にでもあるもの。子どもならなおさら毎日が失敗の連続で、そこからいろんな事を吸収して学びます。「失敗しちゃった!」という時のとっさの反応は子どもによって違います。とりたてて気にしない子もいれば、嘘をついて失敗を隠そうとする子もいます。その中でちょっと気になるのは「だって○○だったから」とすぐに言い訳をするタイプの子。失敗自体は認めるのですが、自分は悪くないと言わんばかりですね。

>>>続きはこちらのリンクから、ママガールでどうぞ!

関連記事

  1. 【mamagirl】女の子の「お手伝いしたい!」は大事♡根気よく見守っ…

  2. 【mamagirl】兄弟姉妹を育てるコツ!キッズコーチングで気楽な子育…

  3. 【mamagirl】真面目なお母さんがはまる落とし穴。「〜べき」に縛ら…

  4. 【mamagirl】問題を自分で解決できる子どもになるオープンクエッシ…

  5. 【mamagirl】結果にこだわって動けない子は、現状を認めて過程に目…

  6. 【mamagirl】「ねえねえ」攻撃にうんざり。うちの子ちょっと待てな…

  7. ママガールにコラムが掲載されました!

  8. すぐ忘れる子には「どうするんだっけ?」を思い出すきっかけに!