もうすぐ入園!うちの子挨拶できないんだけど、どうしたらいいの?

挨拶の大切さは言葉では伝わらない。挨拶は気持ちいいとママの行動で伝えよう

こんにちは♪

西宮のキッズコーチングエキスパート、ますみんことむらたますみです。

基本の挨拶。自然に気持ちよく挨拶できるようにするにはどうしたらいいでしょう?

 

4月に入園だという3才児のお母さん。春からの新しい生活に心配はつきませんね。幼稚園になじめるかしら、先生との相性はいいかしらと今からいろんな想像をしていることでしょう。

その中でも「うちの子ちゃんと挨拶できるかしら」というのは、多くのお母さんが心配することのひとつです。3才ではまだ挨拶の大切さは分からないので、できない子もいます。幼稚園や保育園で気持ちよく挨拶するには、どうしたらいいでしょう?

 

無理やりさせるのは逆効果。不安な気持ちで萎縮すると、挨拶への苦手意識が生まれます

 

3才の子どもに「挨拶は大切、きちんとするように」と理屈で諭しても、おそらく伝わらないでしょう。よくやってしまうのが、挨拶する場面でしない子どもに「挨拶しなさい!」と無理やりさせてしまうことです。

これでは挨拶は大切だということが伝わらないばかりか、挨拶を交わすことも気持ち良さも味わえませんね。それどころか挨拶というとお母さんの怒った顔が浮かび、かえって苦手意識を持ってしまうかもしれません。

 

 

子どもに安心感を与えながら行動を導くミラーリング。まずはお母さんがやってみる。

 

そんな時はぜひ、ミラーリングを取り入れてみてください。ミラーリングとは目の前の人の真似をすることで安心と信頼を築くコーチングの技法です。

これを応用すると、子どもにしつけするのも楽に楽しくできるようになります。子どもと同じことをして連帯感を築いてから、してほしいことをお母さんが先にしてみせましょう。

まずはお母さんが元気よく笑顔で挨拶するのです。登園時なら手を繋いで歌を歌ってからでも楽しいですね。

 

 

安心感を持てたら自然とママの真似をします。挨拶は気持ちいいことを行動で伝えよう

 

一緒に楽しく登園し、先生にあったらまずお母さんが笑顔で「おはようございます」。

その時子どもに「あなたもしなさい」などと促さなくても大丈夫です。何度かくり返す内に自然と言えるようになってきます。まずは安心感を与え、挨拶の楽しさ、気持ち良さをお母さん自身の行動で伝えましょう。

お母さんが楽しそうに挨拶する事が子どもの不安を取り除き、挨拶を覚えるばかりか新しい環境への親しみも増すことでしょう。

 

 

挨拶をしてほしいならまずはお母さんから。笑顔の挨拶が子どもに伝わり、自然とできるようになります

 

今日も1日、笑顔の子育てを♪

関連記事

  1. ママをハラハラさせ通しの1才には「気をつけてね」で考える力を養いましょ…