なんでも1番?結果だけを見つめると行動しない子になります

くらべるのは昨日の自分!結果にこだわる子は経過をほめて自信を育てよう

 

こんにちは♪ 西宮のキッズコーチングエキスパート、ますみんことむらたますみです。

 

勝てない勝負をしないのは、やる気がないのではなく結果にこだわっているからです

 

「もっとやる気を出したらいい結果が出るのに…」普段は真面目で一生懸命な子どもにそう思う事が多いなら、それはもしかしたらその子が結果にこだわるタイプだからかもしれません。結果にこだわると「周りより上手にしたい」「勝ちたい」という気持ちが強くなります。でも上手にできなければ勝てないし、周りに格好悪いと思われるかもしれません。そんな思いこみから、苦手な事には手を出さないという選択をする場合があるのです。

 

 

できないからやらないのはちゃんとしたい心の裏返し。子どもの心理を知っておこう

 

勝ちたいというのは悪いことではありません。向上心や努力につながる、とても大切な気持ちです。このタイプの子どもは、実は常に頑張っています。だけど結果が伴わない時、頑張る自分や、努力した経過を認められないのです。そしてできないからしない、と最初からあきらめるようになります。なぜならいつもちゃんとできる自分でいたいから。ちょっと逆説的ですが、こんな子どもの心理も知っておくと寄り添いやすくなりますね。

 

昨日より成長した部分を認める言葉で、一番だけが全てじゃないことを伝えよう

 

そんな子どものやる気を引き出すには、とにかく経過に目を向けるよう導いていくのが有効です。このタイプの子どもは大変な努力家である事が多いです。できない事はしないと言いながら、影で必死に練習したりしています。その努力に気づいて認めてあげるのが良いでしょう。たとえば昨日できなかった事がひとつできたら「できたね」と認める言葉をかけるのです。それを続ける事で徐々に過程に目を向けられるようになります。

 

頑張ってることを認めてもらえる安心感がどんどんチャレンジできる精神を育みます

 

もともと努力家できちんとしたい性格の子どもなので、周りの目には努力なしでなんでもできると思われがちです。そしてその期待に答えようと一生懸命頑張っています。だからそのことをそのまま認めてあげましょう。「頑張ってるね」それだけでいいのです。お母さんが認めてくれる安心感があると、子どもは自分を認められるようになります。そうしたら失敗を恐れず、どんどんチャレンジできるようになるでしょう。

 

結果にこだわって動けない子は、現状を認めて過程に目を向けることで変わります

 

今日も1日、笑顔の子育てを♪

 

関連記事

  1. 新しいクラスになじめない。毎朝教室の前でぐずるわが子をどうしたら?